大阪生まれ大阪育ちネコ好きのうつ病日記。たまに観劇したり。
4/14「オペラ座の怪人」観劇感想(覚え書き)
2017年05月06日 (土) | 編集 |
今更ですが。
横浜:KAATにて。

オペラ座の怪人 佐野正幸
クリスティーヌ・ダーエ 苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵 光田健一
カルロッタ・ジュディチェルリ 河村 彩
メグ・ジリー 小川美緒
マダム・ジリー 早水小夜子
ムッシュー・アンドレ 増田守人
ムッシュー・フィルマン 青木 朗
ウバルド・ピアンジ 永井崇多宏
ブケー 橋元聖地
ムッシュー・ルフェーブル 中村伝

今回は何かとよく通った大阪公演の時を思い出しました。
安定と新たな発見。
佐野怪人に苫ちゃんクリス、増田さん&青木さんの支配人コンビ。
「ああ、これがオペラ座の怪人だ」と再認識しました。
とても素晴らしかったです。

たまたまだったのか、劇場が乾燥しているのか、
音を外す、または声がひっくり返るキャストさんが多かったです。
音を外した順にピアンジ・カルロッタ・ラウル・ファントム…でしょうか。
まあ、佐野ファントムの声が裏返るのは熱演の証しなので。
その中、苫ちゃんクリスはとても安定していました。

今回の横浜公演から、オークショナーがルフェーブルではなく、レイエになったそうです。
今回だと深見さんですね。
最初は淡々としているけれど、どんどんと深みを増す感じです。

佐野ファントムは久しぶり(何年ぶり?)でしたが、
やっぱり良かったです。

苫ちゃんクリスはやっぱり一番好きなクリスティーヌです。
だんだん貫禄が出てきたような気がしますが。
あと、昔はもっとキャピキャピしたクリスだった気がしますが、
落ち着いてきた感じですね。
どちらも好きです。

そして今回はラウルデビュー直後の光田健一さんを見ることができました。
冒頭の「オルゴールこれだ~」からよく通る綺麗な歌声でした。
歌はとても良かったんですが、セリフになるとちょっとぎこちなさが気になりました。
光田さん、身長がとても高く、佐野ファントムよりも高かったです。

小川さんのメグも良かったです。
小川さんのメグは何度か見ていると思うんですが、
今回はなんだか雰囲気が違っていてとても良かったです。

早水さんのマダム・ジリーは初見だったのかなあ。
意外と役に合ってないというか…。
もっとソロで朗々と歌う役の方が早水さんには合っている気がします。
ちょっともったいない。

生オケ、素晴らしかったです。
生オケ×芝ファントムも観てみたいなあ。迫力ありそう。

今回、演出変更が多数あり…。
演出変更があるのを知らなかったんですよ。
チェックしてから行けばよかったなと思いました。
マスクを外されたファントムの素顔が変わっていたのは、あれ?と思いましたが
ファントムのマスクまで変わっていたとは。
気づきませんでした。

個人的には、墓場にてのラストでクリスティーヌが歌い上げるところや
その続きのファントム×ラウル×クリスの三重奏は「おお!」と思いました。
一方でラストのクリスとラウルがボートに乗って歌うAll I Ask of Youが
クリスとラウルが交互に歌うところは前の方が良かったなと思ったり。

でも、全体的にとても良くて感動しました。
また行きたいけど、交通費だけで3万近くかかるからなあ…。
チケット代も値上げされたし。
おとなしく京都公演まで待つしかなさそうです。



ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

2015.11.12オペラ座の怪人(芝ファントム以外の感想)
2015年11月18日 (水) | 編集 |
芝ファントムに特化したレポというか感想は以下の二つです。

2015.11.12オペラ座の怪人(名古屋公演)芝ファントム感想編第1幕

2015.11.12オペラ座の怪人(名古屋公演)芝ファントム感想編第2幕

ここでは、それ以外の感想を。

1447327106455.jpg
クリスティーヌのロビーに楽屋が再現されていました。
(クリックで大きくなります)

DSC_1231.jpg
100万人来場記念ボード!
メインキャストのサイン入りです。
(クリックで大きくなります)

1447327105928.jpg
本日のキャストボード
(クリックで大きくなります)


今回、名古屋の劇場の4列目のセンターで見たんですが。
舞台はとても見やすいです。
やっぱり表情までよく分かる前方で見たいですね。
ただ、イルムートの時のアーチ状のファントム、
首を90度曲げて真上を見上げないと見えないです。
シャンデリアも4列目よりもさらに後ろまで行ったので、
真上からさらに首をそらすように見ないといけないのが
辛かったです。

次行く時は、7~10列目くらいが取れるといいな。


オペラ座の怪人 芝 清道
クリスティーヌ・ダーエ 山本紗衣
ラウル・シャニュイ子爵 北澤裕輔
カルロッタ・ジュディチェルリ 河村 彩
メグ・ジリー 小川美緒
マダム・ジリー 佐和由梨
ムッシュー・アンドレ 賀山祐介
ムッシュー・フィルマン 平良交一
ウバルド・ピアンジ 永井崇多宏
ブケー 佐藤圭一

では、順番に見ていきましょう。

クリスティーヌ(山本紗衣)
初見です。
見た目の華やかさはないんですが、歌はとても綺麗でした。
クリスの聴きどころ、「Think of Me」も「墓場」にても見事でした。
でも歌え!私のために!のところの「あー♪」は全然出ていなくて心配になるほどでした。
あとセリフになるとイマイチ。
でも、目とか表情で一生懸命語っていると思いました。

ラウル(北澤裕輔)
北澤さんのラウルを見るのはなんとも大阪公演以来。
支配人・アンドレ役とか、JCSのヘロデ王とかでは見ていましたが
久々の王子様ラウルー!
と期待して行ったら、なんだか老けていました。お疲れ?
大阪の時のキラキラ王子様ラウルじゃなかったです。
演技と歌は文句のつけ用がないのは書くまでもないですが、
ALL I Ask of Youとマスカレードのクリスのリフトや抱きかかえるところ、
全部なんだか大変そうでした。
よいしょっという感じで、手や体がプルプル震えていたり。
でも、マスカレードの肩のせリフトはありました。
リフトされる側もコツがいると思うので、北澤さんだけのせいではないかも。
クリスにひざまずくところ、足先まで伸ばすのがとても綺麗です。

カルロッタ(河村彩)
河村さんのカルロッタは可愛いですね。好きです。

メグ・ジリー(小川美緒)
荒井メグ以上のメグは出てきませんね…。
小川美緒さんはその中ではなかなか良かったと思います。
クリスと本当に仲がいいんだなあという雰囲気でした。

クリス:パパが贈ってくれたー 音楽の天使がー
    教えてくれたのー 私にうーたーをー♪
途中でをかしげるメグもいたような気がするんですが、
小川さんはずっと笑顔、ラストは満面の笑顔でクリスに頷いたのが印象的でした。

マダム・ジリー(佐和由梨)
セリフは低い声で、間を取るのがすごく上手いです。
演技面ではかなり良いマダムだと思います。
ただ、歌になると、声が可愛らしすぎてセリフの時のイメージがちょっと違いますね。

アンドレ(賀山祐介)
マダム!そのことは我々の口から申し上げたかったですな!(うろ覚え)が
かなり本気で怒っているという感じで、それ以来
怒りっぽい感じというかちょっといつもイライラしているアという印象のアンドレでした。

フィルマン(平良交一)
悪くはない。というか良いんですが、
賀山アンドレとセットになると、どうもどっちがアンドレでどっちがフィルマンか
キャラクターの違いが薄いです。
アンドレがイライラしすぎているのと、フィルマンが真面目すぎるからかな。









ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
2015.11.12オペラ座の怪人(名古屋公演)芝ファントム感想編第2幕
2015年11月14日 (土) | 編集 |
1幕の感想はこちら→「2015.11.12オペラ座の怪人(名古屋公演)芝ファントム感想編第1幕

1幕の時に書きましたが、
以下は私の超・主観的な感想ですので、
11/12のマチネ、約1000人の観客の1000通りの感想の内の1つと思ってお読みください。

まずはマスカレードのレッドデス。
特に芝さんらしさというものもなく普通でした。
スコアも丁寧に投げていたような。

飛ばして、墓場にての後、
すでに1幕でちょこっと書きましたが、
「ここへおいで私の愛しいクリスティーヌ」←すごく優しいお声なんです。
「エンジェルかしら それともパパの声なの」
うん、ここならエンジェルやパパの声と思っても不思議ではない。
ここから始まるデュエットは本当に素晴らしかったです。
ラウルが邪魔しに来るわけですが…。
「ラウル邪魔!」と初めて思いました(笑)←一応私はラウル寄りのはずなんですが

念願の!
「もーはや ひけーない♪」
キタ━(゚∀゚)━!とこの1回の公演で何回思ったことだろう(笑)
低音がすごい美声で綺麗ー!
このシーンはどのファントムさんとでももうドキドキしますね。
ラストのデュエット
「もはや退けない 行く手には ただ一筋の道がー!!!」(合ってます?)大迫力でした。

マントを外されて他の人たちにも正体がバレても、堂々とした佇まいのファントム。
でも、マスクまで外されてしまって、「うわぁ!」(?)と悲鳴をあげ
銃をよけてクリスを連れ去ります。

地下室での芝ファントムは怒り・悲しみいろんな感情が渦巻いているように見えました。
白いウエディングドレスのクリスティーヌ。
ファントムが自分と結婚させようと思って着替えさせたのだと思っていましたが、
芝ファントムの場合は、「結婚」というより、
一番大切な宝物であるクリスに、一番素敵なドレスを着せ、
ずっと人形のように愛し続けたいと思ったのかなと思いました。

ラウルが来て…。
私の好きな三重奏。
「許さない。選べ」とても冷たく言い放った感じでしたが。

クリスティーヌのキス。
クリスに抱きしめられ、再びキス。

ファントムもクリスを抱きしめたいんだけど…。
その一歩手前でこらえているのが分かります。

ファントムがろうそくの火でラウルの縄を切るシーン。
ラウルも覚悟の表情が見えるし、どうなるんだろうと(知ってるけど)緊迫するシーンでもあります。
縄を切ってから、背を向けてろうそくを戻す(?)ところに哀愁を感じてしまいました。

クリスとラウルが出て行ったあと、
切なげにマスカレードを口ずさむファントム…
そこに戻ってくるクリス…。

「クリスティーヌ、I Love You...」
(´;ω;`)
なんだろう、常にクリスやラウルよりも上の立場に立っていようとしたファントムが
初めて同じ高さのところに立ち、思いを伝えたという感じでしょうか。
すごく切なかったです。

ラスト
「我が愛は終わりぬ 夜の調べと共にーーーーーーーーーーーーーーーーっ!」
わあ、出てきたロングトーン!
あんまり長いと最後隠れきれないので、
まだまだ余力はありそうな状態のまま、一人玉座に向かいました。


長々書いたけれど、結論をまとめると
・演技派
・声楽出身じゃないけど、声がいい。音は時々外れている
・音楽の天使というよりまさに「オペラ座の怪人」
という感じでした。
また、すごく気合の入った本気の演技でした。
これ、その内、多少手を抜いた演技になってしまうんだろうか…。
50回目(だったらしい)の今回は、まだまだ本気120%の演技でよかったです。

他のキャストについてもまた書こうと思っています。





ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
2015.11.12オペラ座の怪人(名古屋公演)芝ファントム感想編第1幕
2015年11月12日 (木) | 編集 |
芝さんファントムを一度見たくて取りました。
名古屋初日、実際にデビューを確認してから
即10月の初めに空いていた席を取ったものの、
それは手放してしまったんです。

そろそろ見ておかないと、キャストが変わってしまうかなと思って取りました。

そして、2年半ぶりの「オペラ座の怪人」です。
いつ来ても開演前の雰囲気がとても好きです。
ちょっとこの日は高校生の団体さんが多すぎて、かなり賑やかでしたが。

メインキャスト全員の感想を書きたいと思っているのですが、長くなるので
まずは目当てで行ったオペラ座の怪人役・芝清道さんの感想(第1幕)をいったんアップします。

以下は私の超・主観的な感想ですので、
11/12のマチネ、約1000人の観客の1000通りの感想の内の1つと思ってお読みください。

というわけで、芝ファントム。
Song & DanceでMusic of the Nightを聴いたときは
どうも「よそ行き」な感じというか、大人しいというか、ぶっちゃけ芝さんっぽくないというか
物足りなく感じていました。

そういう物足りなさがファントムを演じる上であるんじゃないかなと思っていたんですが
全然、物足りなさはなかったです!
とても作りこまれ、とても丁寧に演じられ、
「歌い手:芝清道」ではなく「俳優:芝清道」だとつくづく実感できたファントムでした。

私の宝物に 手を出すやつ
無礼な若造め 愚か者め
 

キタ━(゚∀゚)━!という感じですね。
1音1音が丁寧に歌われて、低音がとても迫力があります。
怖いくらいです。

エンジェルの声が聞こえる
包んであたしを 


いやいやいや。(・∀・;)
この声はどう考えても「エンジェル」じゃないですから。
どっちかと言えば、地獄から来たユダ悪魔ですから。とツッコミたくなりましたが。

でも、順番が前後しますが、墓場にての後のフレーズ
ここにおいで私の~♪
は、とても優しかったんです。
歌詞によって歌い方を変えているんだなあと思いました。

The Phantom of the Operaの芝さんはとても良かったです!

Music of the Nightも、前述のSong & Danceの物足りなさはなく、
なかなか緩急のついた歌い方で
ソンダンの「1曲だけ」というのとは違い、物語の中に上手く入り込んでいました。

表情は仮面をしているので分かりづらいですが、
手!
力強かったり、小指から順に薬指、中指と折って手をグーにする仕草がセクシーだったり
手に存在感が出ていました。

歌は声楽系じゃないけど、それも含めて新たなファントム像の誕生という感じでした。

マスクを外される前の作曲シーン。
橋元聖地さんのファントムが個性的で一番好きかなと思っているんですが、
芝さんはなんだかとても丁寧に作曲している雰囲気が出ていました。

マスクを外された直後、激おこファントムの
「地獄へ行けー 呪われろー」が叫ぶのではなくメロディに乗せていたのが意外でした。
(芝さんのドラゴンボイスで)怒鳴るよりもかなり弱い気がするんですが、
「地獄へ行け・呪われろ」と本気でクリスに言ったわけじゃないという解釈なのかな。
と思ったのは今です。(おい)

「ボックスの5番は開けておけといったはずだ!」からのファントム。
「何?カエルだって、カルロッタ。ふん」と(ここだったと思う)なんだか鼻で笑ってみたり
そして、3幕のバレエでブケーが殺された後の
「ハーハハハハッ」の笑い声がもう恐ろしく狂気じみていたり。
なんだか、新たなファントムです。←すでに何度か目

All I Ask of Youの後の「愛を与えた、音楽を与えた」からの高音が出ていませんでした。
外したり裏返ったり…と連投でお疲れでしょうか。
芝ファントム目当てで行っておきながらなんですが、そろそろお休みされた方が良いのでは。
低音はとても綺麗なんだけどな。
高音のファルセットがどうも出にくいようです。

「これほどの恥ずかしめを決して許しはしないぞーーーーーーー」ロングトーン披露!

「行けーーーーーーっ!」の後にも再び狂気の笑い声!

この勢いで2幕に続くか、私。




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
ジーザス・クライスト=スーパースター エルサver.2015.6.18東京観劇感想
2015年06月19日 (金) | 編集 |
あれ。
昨年末の京都のJCS観劇感想を書いていないのに、
観に行ってしまいました…。

昨年末の京都公演もすごく良かったと思った記憶があるんですが、
「自由」劇場で観るJCSはなんだかまた違いますね。
俳優さんも、全国公演の時よりもしっかり地に足を付けた感じで
安心して演じられているような気がします。

昨年末の京都公演と比較してキャストが異なるのは(アンサンブルさん除く)
・カヤパ様に高井治さん
・シモンに京都ではペテロだった佐久間仁さん
失礼しました。佐久間さんはずっとシモンでした。
・ペテロに渡久山慶さん←NEW?
・ピラトに青井緑平さん
・ヘロデに飯田達郎さん←NEW!
という感じでしょうか。

ざっと見ていきましょう。
神永ジーザスは良いです。
デビュー時は可もなく不可もなく伸びしろありという感じでしたが
今ではすっかり安定しています。
安心して観られます。
個人的にお気に入りジーザスです。
かといって気に入っていないジーザスもいないんですが。

芝ユダもこの日絶好調だったと思います。かなり完成度高いです。
基本的に昨年までと変わらないんですが、
「あ、変わった」というところもあって(どこか忘れてしまった…←レポにならない)
芝さんもいまだ進化中という感じです。

マリアの観月さらさん。彼女もいいですね。

まとめて(すみません)
カヤパ様、アンナス、司祭ズも安定のコンビネーション。

ピラトは個人的には村さんの深く染み入る声が好きなんですが、
青井さんも良いです。

シモンの佐久間さん!
太い?というか力強い声でした。
ちょっと…でも…シモン役としては物足りない感じもしました。
とこーしえのー↑えいこーとー↑って上げて歌うやり方はもうないんでしょうか。

ペテロの渡久山さん!
おお、こっちも力強い声。
というか、声的にはこの人がシモンでも良かったんではないかと思ったり。
今回(今週)トリプルキャストになっています。

ヘロデ王飯田達郎さん!
うん、歌はもちろん問題ないですよね。
ヘロデ王としては、北澤裕輔さんのキラキラ王子様(今回Wキャストになっています)の要素もありつつ
下村さんのギトギト王様の要素も入れつつ
持ち前の若さと爽やかさも出てきてなんだか新たなキャラになっていました。
そして、ラウルの時も思うんですが声がひときわ大きい。
今回デビュー後間もなかったので、
もうちょっと慣れると印象も違ってくるかなという気がします。

以上、主要3人と新キャストの覚書です。
夜行バス明けでちょっとめまいがしてきたので、なんとかしたいです。




ジーザス・クライスト 神永東吾
イスカリオテのユダ 芝 清道
マグダラのマリア 観月さら
カヤパ(大司教) 高井 治
アンナス(カヤパの義父) 吉賀陶馬ワイス
司祭1 佐藤圭一
司祭2 清水大星
司祭3 真田 司
シモン(使徒) 佐久間 仁
ペテロ(使徒) 光田健一 (16日~17日)
渡久山 慶 (18日~19日)
飯田達郎 (20日~21日)
ピラト(ローマの総督) 青井緑平
ヘロデ王 北澤裕輔 (19日~21日)
飯田達郎 (16日~18日)




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

12/11ジーザス・クライスト=スーパースター京都イベント覚え書きメモ
2014年12月11日 (木) | 編集 |
オフステージトーク。

ホーサナヘイサナサナサナホーサナの歌と共に舞台上と客席からも登場。

ホサナの3司祭の(この様子じゃ暴動が起こるぞ~)ところから芝さんの生首出現
あまりにウケたので、何を歌っていたのか記憶が全くない。

わたーたしが~のところで神永さん登場
蘇りましたー。
どうぞよろしくねー。←ポーズ付き
みたいな歌詞

中村さん(男性)・原田さん(女性)司会
全員出演のイベントは初らしい。

神をも恐れぬなんとかチーム(ジーザス・ユダ・マリア・ピラト・ヘロデ)最前列に並ぶ。
昔も今も懲りない悪代官(?)チーム(司祭たち)
言われるままの筋肉頭(?)チーム(兵士たち。54期生含む)
天然ペテロと不詳の弟子チーム(12使徒。でも5人くらい?)
年齢不詳の婚活なんとかチーム(女性アンサンブル)
どこの誰だか分からないチーム(今年初舞台を踏んだ54期生)

命名by下村さん

「神永東吾が叫びます!最初はグー。じゃんけんポン!」←たまに「ジャン」が言えてない

ジーザス&マリアの「きよしこの夜」韓国語ver.デュエット



詳細は後日(あるかも?)。

9日と11日の公演の比較レポも後日(あるかも?)。




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

CATSフェイスパックがキタ━(゚∀゚)━!
2014年09月27日 (土) | 編集 |
ブログお友達さんから封筒が届きました。


ちょっと珍しい15円切手に綺麗に円形の消印が押されています。
(ブログお友達さんの了承を得て載せております)
DSC_0672.jpg


お手紙付きです。
中身なんだろう。
DVDか何かかな?と思っていたら…。
DSC_0673.jpg


劇団四季のミュージカルCATSのフェイスパックマスクだー!
DSC_0674.jpg


中身はこんな感じです。(劇団四季のwebショップから無断借用しています)
1_000000002083.jpg


つ・ま・り。
このフェイスパックを付けると、難しいメイクなしに簡単にCATSになっちゃって、
しかもお肌もキレイになるというスグレモノなんです!

しかも、マンカストラップとグリドルボーンということは。
ドラゴンボイスの芝清道さんと、ミュージカル界の女王こと濱田めぐみさんに
なれるということです! ←注:なれません

ですが。
1袋にこの2種類が1枚ずつ入っているだけです。

もったいなくて使えないー!
いや、使わないほうがもったいないのか?

ブログお友達さん、ありがとうございました!!


そんな幸せな日のおやつはこんな感じでした。

昼食(アイス。なんかピントがボケボケですが)
DSC_0668.jpg

夕食(チキンクリスプとアイスコーヒーで合計200円)
DSC_0669.jpg

まだ夜食も食べそうな感じです…。




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
劇団四季の「ライオンキング」も凄いらしい。
2014年06月17日 (火) | 編集 |
凄かったです。

詳しくはレポ用ブログに書きますが、
こんなに凄かったっけ?

っていうくらい凄かったです。

オープニングのゾウをあんなに間近で観たのは初めてです。
(通路席から2席目だった)
通路側を同行者に譲ったんですが、
ゾウが座席に当たるので、身を引いてましたからw

後ろに小象がいるのは知っていましたが、
小象(ヤングナラ)ちゃん、左右を交互に見ながらニコニコしてるんですよ。可愛い。

いや、ゾウだけでなく。

2幕の蛍の人の動きがきれいだなあとか。

ちょっとこれ、初日以来観てなかったんですが、
大阪でやっている内に、もっと観たいです。

ライオンキングを観た直後の感想って、いつも
「もっと観たい」なんですが(笑)
それがなかなか続かないんですよね…。

ってか、お金が続かないんですが…(´・ω・`)

今日は久々にATMからお金を引き出しました。

6~7月に3万強入ってくるはず…←手持ちのチケットを手放すから。

でも、2万強引かれるはず…←チケット代…。

お金がなくなると、手持ちのチケットを売るしかなくなってきますよね…。(´・ω・`)

で、そのお金で、チケットを買う…(´・ω・`)

何のリサイクル…(´・ω・`)



ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

「劇団四季俳優に話し方を学ぶ」NHK 川口雄二さん(川口竜也さんの弟)他 
2014年06月03日 (火) | 編集 |
基本、私はテレビを観ません。
というか、ありません。あるけど、繋いでません。
なので、スマホのワンセグで見るのですが、機種変してから使い方が分からず、
「ルーズヴェルト・ゲーム」も観られていない状態です。
「半沢直樹」は、機種変前のワンセグで観てました。たまに。

本日のNHKの「ニューステラス関西」という番組の中で、
「ハロー!スクール 劇団四季俳優に話し方を学ぶ」というのが放送される
ということは知っていたたのですが
観る気(機会であったり機械であったり…)はありませんでした。

が。

たまたま、その時間帯にネットカフェにいたので
ネットカフェのテレビで観ました。

劇団四季のどなたが出演されるのか、
出演情報が前もって全く出ていなかったのですが
番組内で、自己紹介くらいあるだろうと思っていたのが
なかったです…。

病的に人の顔を覚えられない私。(基本、声で区別をつけます←その割に前方席にこだわる)
劇団四季の俳優さん、男性2人と女性1人が出演されているのは分かりました。
(それ、多分、猿でも分かる)

背の高い方の男性、見たことあるかも…。
背の低いの方男性、なんだかイケメンです。
女性の方、ごめんなさい、全く分からないです。

現在の大阪ライオンキングの週間キャストと比べると
何か分かるかなと思って
久しぶりに、大阪ライオンキングの週間キャストページを見ました。

ああ!背の高い方の男性、川口雄二さん!かも!(←この期に及んで「かも」)

川口雄二さんはですね、
大阪のマンマ・ミーア!で長くエディをされていらっしゃったのをずっと観ていて
(私の大阪MM!の観劇回数は多分20回を超えます。東京初演も3回観ています)
その後、2008年に「むかしむかし、ゾウがきた」(京都公演)の「ひろめや」の時に
雄二さんに握手をしていただき、
雄二さんに「マンマ・ミーアの時からファンです!」と言ったんです、私。
「ありゃりゃ、それはそれはどうもありがとうございます。精進します」と
おっしゃっていただきました。

それを、今更、「かも」とか言ってます。大丈夫でしょうか、私。

後のおふたりは、結局分からなかったです…。
実はシンバやナラだった、とかだったらすみません!
四季離れが進んで…というか、本気で顔を覚えられなくて、
四季で、何の役をされても(どんなメイクをされても)100%分かるのは芝さんだけです。
芝さんこそ、顔を覚えられなくても、声で区別のつく人なのに
無駄なところでもったいないです。(←意味が分からない)

で、ネットに情報が出てないかなと思って
検索をかけて…。

え…。

劇団四季の川口雄二さんって、
昨年のレミゼでジャベール役をされた川口竜也さんのご兄弟ですか!?
川口竜也さんといえば、警視庁とレミゼがコラボして、
警視庁のポスターになったジャベールさん!
チラシ、持ってます!何枚も!

もしかして、普通に有名な事実だったのでしょうか。

そう言われてみれば、似て…?
そもそも、顔を覚えられないので、似ているかどうかもよく分かりません…orz
竜也さんの方が力強いというかワイルドなイメージ、
雄二さんは、なんとなく面白い人というイメージが勝手にあります。
というか、大阪(高槻)出身だったんですね…。

雄二さんの方が、
雄「二」というので、弟(次男)なんだろうなと思ったら、
5人兄弟の末っ子さんなんですね。(もちろん次男なのかもしれませんが)

5人兄弟で役者さんってどこかで聞いたことのある設定です。

全然知らずに、昨年川口竜也さんジャベール観て、レポとか書いていました。
ジャベールは3人(川口・吉原・福井)見たので比較してみたり。
(このブログを始める前なので、別ブログです)

そこで今度は川口竜也さんで再検索。

ウィキペディアや本人のブログを発見しました。
ブログは四季的にNGとしても
雄二さんのウィキはないので、
世間的には竜也さんの方が有名なんでしょうか。

竜也さんは、興味あったけど、チケットを取らなかった作品に
いろいろ出演&出演予定されていました…。

ミス・サイゴンは2008年〜2009年ということなので、
私が観たとき(一昨年だったかな…?)は出演されていなかったようです。
2013年のシラノは観ています。
シラノ自体は別ブログにレポを書いたのですが…。
竜也さんがされたというド・カンダール公爵ってどんな役だっけ…。

シラノ・ド・ベルジュラック:鹿賀丈史
ロクサーヌ:濱田めぐみ
クリスチャン:田代万里生
ル・ブレ:戸井勝海
ラグノー:光枝明彦
ド・ギッシュ伯爵:鈴木綜馬

ここまでしか書いてないー!orz

ちなみに、川口竜司さんの今後の予定としては、
ミュージカル「オーシャンズ11」
ミュージカル「シェルブールの雨傘」
に出演予定です。
あ、そういえば、両方とも、映画のリメイク作品でしょうか。
ご興味のある方、是非!

そして、結局、NHKの内容に触れないまま終わるという…(笑)
内容自体は、今月号のアルプP.31の
北海道で行われた「美しい日本語の話し方教室」と同じような感じです。
と、それだけでは、四季の会の会員の方以外分からないので、もうちょっと書くと、
母音法で「おはようございます」をやったり、
「友だちはいいもんだ」を最後に全員で歌います。

せっかくなので、さらに書きます。
「友だちはいいもんだ」、あれだけの人数で素人の子どもたちが歌っているのに、
ハッキリと発音が聞き取れたのはすごいと思いました。
四季を見慣れていると、他のミュージカルで
何と言っているのか(歌っているのか)全く聞き取れないことはしょっちゅうなので。
堺雅人さんも劇団四季メソッドとして母音法を取り入れていらっしゃるようですが、
ちょっと四季を見習ってきて、って言いたくなる舞台(しかもチケット代が高い)が
本当に多いです。

もっとも、今回の番組に出演された3人の四季の俳優さんの滑舌の良さは
ローカルながらNHKで放送されるほど素晴らしかったですが、
多少、わざとらしさというか、普通そういう喋り方せんやろ、というのがあったのも
事実ですが。

そして、延々、書きたいだけ書いて終わる。

これだけは、私のどのブログにも共通して言えることです(笑)




ブログランキングに参加しています。
応援ポチしてくれると嬉しいです。
ブログランキングに参加しています。応援ポチしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

【速報】ジーザス・クライスト=スーパースター東京&全国公演
2014年05月30日 (金) | 編集 |
観劇ブログに書けばいいんですけど、
観劇ブログはTwitterと連動していて、
Twitterはfacebookと連動していて
いろいろ面倒なんですよ…。

と考えることができるようになっただけ
ちょっと頭が冴えています。

あなたの街に、ジーザスが!
【速報】ジーザス・クライスト=スーパースター東京&全国公演
あ、エルサレムバージョンです。

東京公演が8月10日(日)~8月24日(日)。

全国公演は8月末からスタートし、
北海道~九州まで全国各地を回って、
ラストが京都劇場12月5日(金)~14日(日) のようです。

8月から12月まで、ずっと芝ユダシングルとは思えません。
ってか、ジーザスのシングルも辛そうですが、
前回の全国公演はシングルだったのかな…?
私はJCSを観たいですが、その前に芝さんを見たいんですー!!!
九州公演のチケット取って、ついでに福岡CATSのチケットも取れば
どちらか芝さん出るでしょうか…。
チケット押さえるだけ押さえて、出そうになければ手放す…?
京都は、通います!
ってか、通うのしんどいから、泊まるかも。

6月予定していた東京遠征、
濱田めぐみさん主演の「カルメン」最前列センターとI列センターを手放しました。
祖母の体調が悪いので、自粛…のつもりだったんですが、
私の体調も悪くなったので、ちょうど良かった…。

で、鹿賀丈史さんと濱田めぐみさんのコンサート(東京)が
2014年8月30日~9月2日なんですよ…。

JCSと微妙に日程がずれているところがミソです。
こんな短期間に2回東京行くのは…さすがに無理です。
というか、祖母の体調を考えると1回でも行けるのかどうか。
望月龍平さんのTwelveも観たいんですが、
こちらは、鹿賀さん&濱田さんのコンサートと日程がかぶります。
ってか、Twelveのチケットって、どうやって取るの…?

とりあえず、いろいろチケットを取って、後から手放す…パターンになりそうです。

チケット取って、宿泊&新幹線も押さえてから、
鹿賀丈史さんの体調不良で、コンサート中止とか泣きそうなんですが
鹿賀さんのご体調はもう大丈夫なんでしょうか…。

他人の体調心配する前に、自分の体調を心配しろよというなにわのねこ、
今日も喘息発作で疲れ果てて、精神科には行けず、
時々、思い出したように、離脱症状が出てきます。

発作が出ると、体力を使うようで(「ようで」っていうか使うんでしょうね、実際)
電車に乗るだけの体力がなくなるんですよ。
多分、電車乗る前に、駅に着くまでに発作が起きるだろうし。

そんなこんなで、明日はチケットの抽選先行販売です。(結局取るらしい)



ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。