大阪生まれ大阪育ちネコ好きのうつ病日記。たまに観劇したり。
5/25診察日記
2017年05月25日 (木) | 編集 |
今日は診察日でした。

診察とカウンセリングを交互に毎週通っているため
「こまめに来れているので、体調は順調」と思われているようなんですが

全然そんなことないですから。

もう、毎日、しんどいのを
なんとか体調を通院日に合わせて持ち上げて、はるばる通っているのに
楽勝に思われていると思うとなんだか釈然としません。
この辺をなんとかうまく説明したいんですが、言葉が見つかりません。

今日は、「もっとガッツリ寝られるお薬はないですか?」と聞いてみました。
先生には「??? ぐっすりという意味ですか?」と聞かれたんですが
「いえ、ガッツリです」と自分でも意味不明な返答(笑)

「飲んですぐガッと寝られるような強いお薬が欲しいんですが」と
またしても擬音を使った表現で聞いてみたのですが、
昔は確かに飲むと強制終了的に寝られるお薬があったそうなんですが
今は安全の面から使われていないとのこと。
バルビツール酸系、イソミタールだったかな?一つ名前を挙げていただいたお薬は
名前だけ知っていましたが
出してはくれないようです。
ベゲタミンもB止まりでAは処方してくれなかったし、
入院ではなく通院中の(しかもOD癖のある)患者には
安全面からも無難なお薬しか出してくれなさそうです。

って、そんな強力なお薬があれば
とっくに処方されている気もします。

結局いつものお薬を1週間分出してもらって
来週はカウンセリングです。

ちょっと体調持ち直すといいなあ。




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

5/18カウンセリング日記と黒執事
2017年05月18日 (木) | 編集 |
マンツーマンの英会話レッスンに
行きたくなかった理由。
でも、行ってみて、行きたくなった理由。
それでも、行けないんじゃないかという理由を列挙して
カウンセラーさんと相談しました。

それでも行きたい理由の方が
行けないと思う理由よりは多かったのですが
体調的に厳しいということで、
もうちょっと体調を整えてから通うことになりました。

だから、というわけではないですが、
リスニング教材に英国版の「黒執事」のDVDを買いました。
season1(24話)で2000円くらいです。安い。
セバスチャンの声が全然違うそうなのですが
それはそれで面白そうです。

いろんな教材を使って、
リスニング力をアップさせたいです。




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

「ミュージカル 王家の紋章」を観てきました。夜神月が二人!
2017年05月14日 (日) | 編集 |
昼公演ということで、体調的に行けないかもと思っていたのですが
朝5:30に目が覚めたのでイシスの神のお告げかと行ってきました。

キャロル(新妻聖子/宮澤佐江)とイズミル(宮野真守/平方元基)は
Wキャストだったのですが、
私が観た回のキャストは下記のとおりです。

メンフィス:浦井健治
キャロル:新妻聖子
アイシス:濱田めぐみ
イズミル:宮野真守
イムホテップ:山口祐一郎
ライアン:伊礼彼方
ミタムン:愛加あゆ
ルカ:矢田悠祐
ウナス:木暮真一郎
ナフテラ:出雲綾



お目当ては、浦井さん、濱田さん、宮野さんだったんですが
浦井さんは、正直、あまり役に合っていなかったと。
もうちょっと傍若無人な若きファラオとして
阿久津陽一郎さんとか(劇団四季在団中だからダメか)
福井晶一さんとか(もっと大きなミュージカル主演中だからダメか)
渡辺さん、友石さん…とか劇団四季の元ラダメスキャストをいろいろ脳内妄想していたのですが
今回キャロルの兄役の伊礼彼方さんってラダメスをされていたんですね。
(『The Musical AIDA -宝塚歌劇「王家に捧ぐ歌」より-』)
浦井さんよりは合うかも。
でも、浦井さんをキャロルの兄役にするには歌が少なすぎてもったいないですしね。

濱田さんはもう何をやってもハマりますね。
今回も、ヒロインはキャロルではなくアイシスだと思いました。
完全にアイシスに感情移入して観ていました。危ない人ですが。

宮野さんは生の舞台で観るのは初めてで、
某アニメのイベントに参加されていた時の様子が動画でアップされていたのを見て
「長身・イケメン・イケボ」と一目惚れして
今回のチケットを入手したという経緯があります(笑)
生・宮野さんはホント、長身でイケメンでイケボで
舞台映えのする人でした。なんで声優やっているんだろう。

と思ったときに。

宮野真守さんってアニメ版デスノートで夜神月役をやった人だ。

と途中までアニメ観ていたくせに今更ながら気がついて。
さらに

浦井健治さんってミュージカル版デスノートで夜神月をやった人だ。

と舞台を観に行った上、CDまで持っているのに今更ながら気づいて。

W夜神月が共演とかすごくレアじゃないですかーーーーーーーーーーーーーー!!!

と、ようやく気づきました。

っていうか、ミュージカル版の夜神月ももう宮野さんがやったらいいんじゃないかな。
L(小池徹平くん)と身長差がより大きくなっちゃうけど、
Lは猫背だから気にならないし。

なんか、「王家の紋章」の話じゃなくなっているので、本筋に戻します。

合っているかどうかは別として
すごく豪華キャストなんですが
ミュージカル作品として感動した!とか、他人にオススメしたい!とかは
全くなかったです。

いろいろキャストの無駄遣い。
濱田さんと宮野さんだけ妙にハマっている。

音楽(「エリザベート」や「ロックオペラ・モーツァルト!」の作曲家)もいいんだけど…。

(これは禁句かもしれないけど)ストーリーがどうかと。
原作にケチを付けるわけじゃないです。
はしょりすぎです。
キャロルに感情移入できないし、メンフィスにもときめかないです。
原作ファンは満足しているのかな?

初演後、すぐ今回の再演となったし、帝国劇場が満員御礼だったそうなので
リピーターは多いんだろうと思いますが
ストーリーに惹かれてというより出演者のファンの方じゃないだろうか。

と、今回、酷評になってしまいましたが、
キャストの皆さんは本当に熱演されていて良かったです。
お目当ての3人以外にも、山口祐一郎さんの歌を久しぶりに聞けたし
あと、ルカ役の矢田悠祐さんという方も良かったです。
新妻さんのキャロルはちょっと苦手だったので、
機会があれば宮澤さんのキャロルも観てみたいです。
(が、機会はないと思います)

DVDも発売されるようです。
詳細はこちら




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

英会話スクール体験記(メンタル編)
2017年05月10日 (水) | 編集 |
英語学習ブログにて、
英会話スクール体験記(その1.成績編)
英会話スクール体験記(その2.レッスン内容編)
今日、明日で続けて載せる予定ですので、
もし、英会話スクール自体に興味がありましたら、そちらも併せてご覧ください。m(_ _)m

今回の体験レッスンはマンツーマンでのレッスンで、「有料」です。
(レベルチェックも兼ねています)
前日の18時まではキャンセル・変更が可能ですが、
それ以降のキャンセル・変更はできず、返金も不可です。

この説明会に行ったのは4月のことで…。
昼夜逆転の躁状態の時でした。
5月に入ってから、躁状態はなくなり、体調も悪くなっています。
当然のように、行きたくなくなっていました。

一昨日までは、「前日18時までに連絡すれば大丈夫…」と思っていたのですが、
昨日は18時までどうしようか悩んでいました。
で、変更希望の連絡を入れたところで、他の日なら行けるのかというと
そうでもない気がするので変更はしませんでした。

当日、15:15~だったのですが、
教室の近くに着いた後も直前まで
ドタキャンの連絡を入れるかどうか、しぶとく迷っていました。

行きたくない理由は4点。
①お風呂に入れていない状態で人に会いたくない
②歯が抜けたままの状態で人に会いたくない
(説明会の時はマスクをしていたのですが、英会話レッスンでマスクをしていると
さすがに聞き取りづらいだろうと思うので)
③肌荒れがひどい状態で人に会いたくない
(口元が中心だったので、説明会の時はマスクで隠せました)
④体調が万全じゃない状態で、英会話できる自信がない

①~③とりあえず、今の状態で人と会うことがかなりの精神的負担です。

まあ、結局は行けた訳ですが。

で、英会話もそれなりにできた訳ですが。

実際に行くまでは、すでに通う気は全くなくなり、
今日の体験レッスンもブログネタとして、かなりしぶしぶ行った感じですが、
いざ行くと、やっぱりあの英会話教室の空間は好きだし、
今回とてもいい先生だったので、通いたいと思いました。
レッスンも独学ではできないような内容でした。
オンライン英会話も3社試したことがありますが、
今回のレッスンほど細かく指摘してくれる先生には出会ったことがありませんでした。

でも、費用的にもメンタル面的にも
継続して通うのは困難かと。
費用は切り詰めればなんとかなりそうなんですが、
切り詰める状態からフリーになりたいという思いもあります。

「もう、絶対無理、行けない」という状態になるまで(おそらく夏)通うことも考えましたが、
受講料は仕方ないにしても、数ヶ月で辞めるとなると10,800円の入学金がかなりもったいない。
再入学の時に入学金を取られないとかなら別ですが。
(昔通っていたスクールなので、今回も実質再入学です)

それでも、「通いたい」という強い気持ちと
「いや、無理だろう」という気持ちとがあります。

来週のカウンセリングの時に相談するとして…。
でも、最終的に決めるのは「私」なんですよね…。

今は、今日レッスンを受けたばかりなので
なんとかして通いたい「熱意」みたいなものが強いですが、
来週のカウンセリングの時にはもうちょっと熱も冷めている気もします。

ぶっちゃけ、今日ちゃんと行けるように、
昨夜は寝られないということを防ぐために処方薬を処方通り飲んだ上に市販薬のODもしました。
(おかげでちゃんと寝られてちゃんと起きられましたが)

毎回、通う前日にODするのか?
それもどうかと思います。

でもね、そうまでしても通いたいという気持ちもあるんですよ…。(´・ω・`)



ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

どうもしんどい…
2017年05月07日 (日) | 編集 |
昨夜は21時半にはお薬を飲んで
ベッドに入ったのですが、
結局2時くらいまで寝られず…。

今日は起きたら起きたで、ものすごくしんどくて
起きた時にしんどいのは割といつものことなんですが
今日は一日体が重かったです。

しんどい理由がよく分かりません。

お薬を飲みすぎた…とか
低気圧の関係…とか
前日の疲れが…とか
そういう要因が全く思いつかなくて
ただただしんどい一日でした。

強いて挙げるなら、「薬を飲んでいないこと」?

薬物依存の状態の私が
GW前のカウンセリングから処方薬も市販薬もODをしていない。
それがしんどいというのはある気がするんですが
そこは乗り切らないと。

今日もなかなか寝られないのかな。

少し調子良く寝られていたのにな。

ただただ、しんどいです。




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。


4/14「オペラ座の怪人」観劇感想(覚え書き)
2017年05月06日 (土) | 編集 |
今更ですが。
横浜:KAATにて。

オペラ座の怪人 佐野正幸
クリスティーヌ・ダーエ 苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵 光田健一
カルロッタ・ジュディチェルリ 河村 彩
メグ・ジリー 小川美緒
マダム・ジリー 早水小夜子
ムッシュー・アンドレ 増田守人
ムッシュー・フィルマン 青木 朗
ウバルド・ピアンジ 永井崇多宏
ブケー 橋元聖地
ムッシュー・ルフェーブル 中村伝

今回は何かとよく通った大阪公演の時を思い出しました。
安定と新たな発見。
佐野怪人に苫ちゃんクリス、増田さん&青木さんの支配人コンビ。
「ああ、これがオペラ座の怪人だ」と再認識しました。
とても素晴らしかったです。

たまたまだったのか、劇場が乾燥しているのか、
音を外す、または声がひっくり返るキャストさんが多かったです。
音を外した順にピアンジ・カルロッタ・ラウル・ファントム…でしょうか。
まあ、佐野ファントムの声が裏返るのは熱演の証しなので。
その中、苫ちゃんクリスはとても安定していました。

今回の横浜公演から、オークショナーがルフェーブルではなく、レイエになったそうです。
今回だと深見さんですね。
最初は淡々としているけれど、どんどんと深みを増す感じです。

佐野ファントムは久しぶり(何年ぶり?)でしたが、
やっぱり良かったです。

苫ちゃんクリスはやっぱり一番好きなクリスティーヌです。
だんだん貫禄が出てきたような気がしますが。
あと、昔はもっとキャピキャピしたクリスだった気がしますが、
落ち着いてきた感じですね。
どちらも好きです。

そして今回はラウルデビュー直後の光田健一さんを見ることができました。
冒頭の「オルゴールこれだ~」からよく通る綺麗な歌声でした。
歌はとても良かったんですが、セリフになるとちょっとぎこちなさが気になりました。
光田さん、身長がとても高く、佐野ファントムよりも高かったです。

小川さんのメグも良かったです。
小川さんのメグは何度か見ていると思うんですが、
今回はなんだか雰囲気が違っていてとても良かったです。

早水さんのマダム・ジリーは初見だったのかなあ。
意外と役に合ってないというか…。
もっとソロで朗々と歌う役の方が早水さんには合っている気がします。
ちょっともったいない。

生オケ、素晴らしかったです。
生オケ×芝ファントムも観てみたいなあ。迫力ありそう。

今回、演出変更が多数あり…。
演出変更があるのを知らなかったんですよ。
チェックしてから行けばよかったなと思いました。
マスクを外されたファントムの素顔が変わっていたのは、あれ?と思いましたが
ファントムのマスクまで変わっていたとは。
気づきませんでした。

個人的には、墓場にてのラストでクリスティーヌが歌い上げるところや
その続きのファントム×ラウル×クリスの三重奏は「おお!」と思いました。
一方でラストのクリスとラウルがボートに乗って歌うAll I Ask of Youが
クリスとラウルが交互に歌うところは前の方が良かったなと思ったり。

でも、全体的にとても良くて感動しました。
また行きたいけど、交通費だけで3万近くかかるからなあ…。
チケット代も値上げされたし。
おとなしく京都公演まで待つしかなさそうです。



ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

4/27カウンセリング覚え書き 元に戻る
2017年05月04日 (木) | 編集 |
前回のカウンセリングからもう1週間も経ったんだなあ。
来週は診察なので、次回のカウンセリングは再来週です。

4/27のカウンセリングでは
お薬の管理をどうしようかということと
(いつも1週間分ずつの処方なのに、GWのため久しぶりに2週間分もらったので)
昼夜逆転していることを話しました。

お薬の管理については、カウンセラーさんも一緒に考えてくれて、
100円ショップのチャック式の小さな袋に1回分のお薬を入れて
カレンダーに貼っておいた状態で母に預けるという方法にしました。

ちょうどいい大きさのカレンダーがないので、
日付を書いた小袋に薬を入れ、ダンボールの厚紙に貼り付けて
いつの分のお薬かひと目で分かる状態にしました。
今のところ、飲み過ぎはありません。(でも飲みたい)

昼夜逆転していることに関しては、
昼夜逆転している割には、英語の勉強も毎日進み、
英会話スクールの説明会に行くなど
行動的だという指摘を受けました。

ああ、それは、徹夜明けの妙なテンションのような…。
ちょっと躁状態なので、反動で落ちるような気もします。

私がそんなことを話すと、カウンセラーさんは
「今は何かに押し上げられているような状態で
押し上げるものがなくなると、今の状態じゃなくなるけれども
それは『落ちた』のではなく、
『普通の状態、元の状態に戻った』んだと意識してください」

と言われました。

その時はなるほどと思ったのですが、
今、どうもその『元の状態』に戻ってしまったようで
何もできなくて困っています。(´・ω・`)

これなら、躁状態の方が良かった気がします。

元の状態=低空飛行 なのか。
困ったものです(´・ω・`)




ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。