fc2ブログ
大阪生まれ大阪育ち独り暮らしうつ病。猫とキラキラしたものと天然石が好き。
#ローラは三浦春馬だけ
2021年11月12日 (金) | 編集 |
春馬くんの話題を書くと閲覧数や拍手数が減るんですが
今回の記事は春馬くんのことを延々と書きますので
興味のない方はスルーしてくださいね。

ミュージカル「キンキーブーツ」で春馬くんが初演、再演で
主演のローラという役をやりました。

再再演もローラをやりたいとおっしゃっていました。

いなくなってしまった今、それは無理なのはもちろん分かっています。

ミュージカルって受け継いでいくものですしね。
長年「ジキルとハイド」では鹿賀丈史さんが主演を続けていらっしゃいましたが
今は石丸幹二さんがそれを受け継いでいます。

ただ、最近の例を考えると
ミュージカル「デスノート」。
初演と再演はほぼ同じキャストで公演されました。
変わったのは死神のリュークと夜神総一郎だっけ?
夜神月のお父さんくらいだったと思います。
リュークの方は知りませんが、お父さんの方は体調・体力的な
問題だったと思います。

初演・再演と人気を博した「デスノート」。
(私は初演だけ観に行きました)
再再演が決まりましたが、全キャストオーディションで決め、
初演や再演時のキャストは出演されませんでした。

それなら、納得いくんです。

「キンキーブーツ」の再再演は、
ローラ役を城田優さんが演じ、その他の主要なキャストは変わりません。
主演を初演・再演とは違う人が演じるなら、
他のキャストの変更も考えて、全く新しい作品にしてほしかった。

同じカンパニーのメンバーで、役柄的にも年齢的にも
春馬さんと小池徹平さんはいいパートナー同士だったと思います。
小池徹平さんが「春馬が出ないなら、自分も降りる」と言ってくれなかったことが
ショックです。

城田優さんが、実は春馬さんの親友なんかではなかったとか
春馬さんの見張り役だったとか
いろいろ言われていますが、それは春馬さん本人しか分からないことですし
そういう問題ではなく、
キャストを変えるなら城田さんであっても他の人であっても
全キャスト入れ替えてほしかったです。

あと、そういう問題ではないですが、
身長190cmの城田優さんが、さらにハイヒールを履くと
小池徹平さんの倍近い身長になるんじゃないかというのも
気になるところです。

と、ずっともやもやしていたのですが、
Twitterで「#ローラは三浦春馬だけ」というハッシュタグを見つけました。

これを見た時、涙が出てきました。

なんだろう、「嬉しい」という言葉は適切ではないかもしれませんが、
姿を消してもなお、人々にそう思わせることのできる「三浦春馬」という人が
すごいと思いました。

これこそ、春馬くんが頑張って生きてきて、仕事に真剣に打ち込んで
そして、その成果を出せた「証」ではないでしょうか。

私が嬉しく感じるのは何か変かもしれませんが、
春馬くんがこれを知ると、やっぱり涙をこらえきれないくらい
喜んでくれるような気がします。

正直、「三浦春馬さんが亡くなってから、三浦春馬さんのファンになった」という
いわゆる「にわか」ファンにはうんざりしていました。
必要以上に持ち上げたり、いろいろこじつけの推測をしたり。

でも「にわか」の方は、今までの作品を観たり
バラエティ番組でのやり取りを観たり
過去の、今までの、「三浦春馬」をちゃんと観た上で
ジャッジして(変な言い方ですが)、ファンになってくれたんですよね。

これが、素行の悪い(誰とは言いませんが)俳優さんだったら
「亡くなってからファンになりました」という人の数は減るような気がします。

長年のファンだけでなく、にわかファンまで魅了してしまう「三浦春馬」。
それは、もちろん顔やスタイルだったり、性格や人柄だったり、
演技への情熱と演技力だったり
歌やダンスのレベルの高さだったり。

そういうのがたくさんの人に伝わってくれて
嬉しいというのはやっぱり不適切なのかもしれませんが
嬉しいです。



ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、嬉しいです。励みにもなります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する